※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【フレッツ光クロス完全ガイド】日本最速のインターネットサービス

光インターネット

はじめに:フレッツ光クロスとは

フレッツ光クロスの概要

「フレッツ光クロス」は、NTT東日本およびNTT西日本が提供する高速インターネット接続サービスです。このサービスの主な特徴は、その通信速度にあります。最大約10ギガビット毎秒(Gbps)の速度を提供することで、従来のフレッツ光サービスよりも大幅に高速なインターネット環境を実現しています。ただし、10Gbpsのスピードが出ますと言っても、実際にはそこまで出ていません。スピードテストのサイトなどで測定していただくとお分かりになると思います。これはベストエフォート1で10Gbps出ますということです。

主な特徴

  1. 高速通信: フレッツ光クロスは、最大10Gbpsの速度を提供します。これにより、大容量データのダウンロードやアップロード、高品質な4K動画のストリーミング、オンラインゲームなどがスムーズに行えます。特に、オンラインゲームやe-Sportsなど、例えば以前ご紹介したFF14などのいわゆるMMORPGなどではプレイ中に回線が落ちてしまい、パーティーメンバーに迷惑をかけるというケースを度々見かけます。これはフレッツ光などの安定したスピードを得られるサービスを利用してない方に見受けられます。例えば携帯会社の5G回線で、しかもそれを無線で接続させてプレイするという一番最悪なパターンは回線落ちは必至です。ちょっと短気な人だったら、そんな回線落ちをするようなメンバーは除名投票2でキックしようと言い出す人もいます。そして、回線が復旧して再びそのパーティーでプレイしたくても、入れなくなっているということが起こり得ますので、MMORPGなどをプレイする人は安定した回線を利用しましょう。
  2. 安定性: NTTの技術基盤により、高い安定性と信頼性を保証しています。これは、テレワークやオンライン会議などのビジネス用途にも適しています。時々、Zoomなどでオンラインの会議をやってると、フリーズしている人を見かけます。これも安定した回線を利用していないものがほとんどです。
  3. 提供エリア: 当初は限られた地域での提供でしたが、徐々にその提供エリアを拡大しています。特に、都市部やビジネス地区では利用可能性が高いです。残念ながらまだフレッツ光クロスは全国に普及していません。しかし、2024年以降確実に提供エリアは増大していくものと思われます。
  4. 料金プラン: 複数の料金プランが用意されており、ユーザーのニーズや利用状況に応じて選択できます。月額料金や初期費用などの詳細は、NTTの公式ウェブサイトで確認することができます。
  5. プロバイダの選択: ユーザーは自身のニーズに合わせたプロバイダを選択できます。これにより、サービスのカスタマイズが可能になります。

利用シーン

  • 家庭用途: 高速インターネットにより、家庭内での複数デバイスの同時利用がスムーズになります。オンライン教育、エンターテインメント、スマートホームデバイスの利用に最適です。
  • ビジネス用途: ビジネス環境では、大容量ファイルの転送、オンライン会議、クラウドサービスの利用などに威力を発揮します。

「フレッツ光クロス」の提供する高速で安定したインターネット接続は、現代社会におけるデジタルニーズの増大に応える重要なサービスとなっています

フレッツ光クロスを最大限利用するための環境

フレッツ光クロスを最大限に利用するためには、以下のような機器が必要です。

  1. 対応ルーター: フレッツ光クロスでは、10GBASE-Tに対応したLANポートを持つルーターが必要です。Wi-Fiで10G通信を利用する場合は、Wi-Fi 6に対応したルーターが必要になります。対応ルーターの購入価格は30,000円以上が相場のものが妥当だと思われます。また、NTT東日本・NTT西本から月額約550円でレンタルすることもできます
  2. LANケーブル: 10Gbpsの通信速度に対応するためには、「カテゴリー6A」以上のLANケーブルが必要です。カテゴリー6Aまたはカテゴリー7が10Gbpsに対応しており、10mのLANケーブルは約3,000円で購入できます​​​​。
  3. LANカード(PC用): お使いのPCが10Gbpsに対応していない場合、対応するLANカードが必要になります。例として、LR-LINKのLREC6860BT(税別約9,240円)は、10GBASE-Tに加えて5G/2.5Gのマルチギガに対応しており、CAT6Aケーブルで接続すると100mまで10GBASE-Tのリンクが可能です​​。

これらの機器を選ぶ際には、フレッツ光クロスの10Gbpsの通信速度をフルに活用できるよう、対応性と品質に注意して選ぶことが重要です。

※BTO3のPCなどはLANカードは簡単に10Gbpsに対応したものに交換することは可能だと思いますが、古いノートPCなどはLANカードの交換もできないケースも多いと思いますので、その場合はフレッツ光クロスの快適性は期待できないと思います。

フレッツ光クロスと他社サービスの比較

サービスフレッツ光クロスおてがる光クロスAsahiNet 光クロスenひかりクロス@nifty光プロバイダコース
月額料金6,930円(キャンペーン適用で5,670円)




6,440円(キャンペーン時5,940円)





   
月額料金: 7,128円(キャンペーン適用6,578円)




月額料金: 6,468円






      
月額料金: 7,975円~8,250円





工事費キャンペーン戸建て19,800円
マンションタイプ16,500円
工事費: キャンペーン時無料工事費: キャンペーン時無料工事費: キャンペーン時無料キャンペーン工事費: 19,800円
ルーターレンタル料月額550円キャンペーンで割引ありキャンペーンで最大1年間無料月額550円月額550円
事務手数料880円キャンペーン時無料880円880円880円
その他プロバイダ契約料が別途必要解約時の違約金がないスタートダッシュキャンペーンあり契約期間に縛りがないフレッツ光クロスとセットでの契約
オススメです

まとめ:フレッツ光クロスで得られるメリット

総合的なメリットと選択の決め手


「フレッツ光クロス」で得られる総合的なメリットと選択の決め手は以下の通りです:

  1. 高速インターネット接続:
    • フレッツ光クロスは最大約10ギガビット毎秒(Gbps)の速度を提供し、これにより、高解像度のビデオストリーミング、オンラインゲーム、大容量データのダウンロードやアップロードなどが非常に迅速に行えます。
  2. 安定した接続品質:
    • NTTの信頼性の高いインフラにより、中断の少ない安定したインターネット接続を提供します。これは、テレワークやオンライン会議などのビジネス用途に特に重要です。
  3. 広範囲な提供エリア:
    • サービスの提供エリアが拡大しており、特に都市部やビジネス地区での利用者にとっては、アクセスしやすいサービスとなっています。
  4. 柔軟な料金プランとサービスオプション:
    • 利用者のニーズやライフスタイルに合わせた複数の料金プランとサービスオプションを提供し、個々のユーザーが最適なサービスを選択できるようにしています。
  5. ビジネスおよび家庭用途に最適:
    • ビジネスユーザーにとっては大規模なデータ共有やオンライン会議、クラウドベースのアプリケーション利用に最適であり、家庭ユーザーにとってはエンターテインメントやオンライン教育など、幅広い用途での利用が可能です。

選択の決め手

  • 使用目的とニーズの合致: 高速かつ安定したインターネット接続を必要とするユーザーにとって、フレッツ光クロスは理想的な選択です。特にデータ集中型の活動やビジネス用途に最適です。
  • 料金対性能のバランス: 高速で安定したサービスを求めるユーザーにとって、料金が高めであってもその価値は十分にあると判断されることが多いです。
  • サービスの利用可能性: 提供エリア内で利用できるユーザーにとって、地域的な利用可能性が大きな決め手となります。

どのようなユーザーに最適か

「フレッツ光クロス」は特に以下のようなユーザーに最適です:

  1. 大容量データを頻繁に扱うユーザー:
    • ビデオ編集者、グラフィックデザイナー、ソフトウェア開発者など、大容量のファイルを頻繁にダウンロード・アップロードする必要があるユーザーには、フレッツ光クロスの高速通信能力が特に有益です。
  2. オンラインゲーム愛好家:
    • 高速かつ安定したインターネット接続は、オンラインゲームにおいて重要な要素です。遅延の少ないゲーム体験を求めるゲーマーには、フレッツ光クロスが適しています。
  3. 高画質ストリーミングを楽しむユーザー:
    • 4Kや8Kの高画質ビデオコンテンツを視聴するユーザーには、フレッツ光クロスが提供する高速インターネットが最適です。これにより、バッファリングや画質の劣化なく、スムーズな視聴体験が得られます。
  4. テレワークを行うビジネスユーザー:
    • オンライン会議や大規模なファイル共有が頻繁に行われるビジネス環境では、フレッツ光クロスのような高速で信頼性の高いインターネット接続が求められます。
  5. 複数デバイスを同時に利用する家庭:
    • 複数のデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)を家庭内で同時に利用する場合、フレッツ光クロスは十分な帯域幅を提供して、全てのデバイスでスムーズなインターネット接続を保証します。
  6. 技術に敏感で最先端のサービスを求めるユーザー:
    • 最新技術に興味があり、インターネット接続においても最高の性能を求めるユーザーにとって、フレッツ光クロスは魅力的な選択肢です。

これらのユーザーは、フレッツ光クロスの高速性、安定性、広範囲な提供エリアから最大の恩恵を受けることができます。

用語解説

  1. ベストエフォートとは特定のサービスやタスクに対して、可能な限り最善を尽くすという意味で使われます。これは、絶対的な成功や特定の結果を保証するものではなく、利用可能なリソースや状況に基づいて、最大限の努力をするという姿勢を示します。例えば、インターネットの世界では、データパケットが「ベストエフォート」の基準で送信されることがあり、これはネットワークが現在のトラフィック状況に応じて最善を尽くしてパケットを届けるが、配送の成功を保証するものではないことを意味します。簡単に言いますと、例えばNTT局内の発信先でLANケーブル、LANボード、PC性能など速度が落ちる要素を全て取り除き得られるスピードのことです。 ↩︎
  2. 除名投票とはコンテンツ参加中の長時間離席やハラスメントを行うプレイヤーに対して、パーティメンバー間での投票によって該当プレイヤーを除名することです。最近では余程のことがない限り除名投票をするような人は見かけません。 ↩︎
  3. BTO PCとは利用者自身が顧客は、必要なコンポーネント(プロセッサ、メモリ、ストレージ、グラフィックカードなど)を選択し、自分のニーズや予算に合わせてPCを組み立てたりPCメーカーに依頼して作成してもらうPCのことです。 ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました